犬とサッカー好き

犬とサッカーをメインにブログをあげていきます。よかったら見に来てスターと、読者になるを押していってください!

清水エスパルスvsサンフレッチェ広島

明治安田生命J1第30節の試合清水エスパルスサンフレッチェ広島との試合がアイスタで行われた。

 

前半19分、清水の攻撃右CKからMF石毛がグラウンダーのクロスを出し、ニアサイドに走り込んだFW北川が右足ダイレクトで合わせてゴールし1ー0と清水が先制した。

日本代表に初招集された22歳がリーグ戦4試合連続得点。清水は前半34分にFWクリスランが右ひざを痛め、負傷退場し、代わってFW鄭がピッチに入った。一方、サンフレッチェ広島は見せ場を作れず、無得点。清水が1点リードで折り返した。

後半2分、縦パスに抜け出したFW北川が体勢を崩しながらもエリア内に横パス。走り込んだFW鄭が右足でゴール右隅に流し込み2ー0とする。

2点を追う広島はFW工藤に代えて、FWティーラシンを投入。後半11分にはMF柏を入れて打開を図ったが、最後までゴールを奪えなかった。試合は清水が2ー0とし、広島を破った。

 

ぜひ広告もタップして、購入してくれたらブログを書く励みになります!!

スポンサー広告⬇︎

柏レイソルvs名古屋グランパス

明治安田生命J1リーグ第30節の1試合が19日に開催。14位の柏レイソルと16位名古屋グランパスが柏スタジアムで対戦した。

試合が動いたのは前半35分名古屋のジョーからシャビエルにつなぎ、10番が左から折り返すと、ゴール前に走り込んでジョーと前田が押し込んで先手をとった。なお、記録は一旦、前田のゴールとなったが、最終的にはジョーに変更された。

 

後半9分に柏のセットプレーから瀬川がゴールに押し込む。同点かに思えたが、これはオフサイドの判定となりノーゴールとなった。60分に江坂を下げてオルンガを投入した。76分にクリスティアーノのCKにオルンガが合わせたが、枠を外れた。するとその直後、高木が前田のユニフォームを引っ張りながら倒したとして警告を受ける。高木は前半にも警告を受けておりこれで2枚目となりの退場となった。なお、次の試合は出場禁止となった。

1人少なくなったことにより形勢が厳しくなった柏は、最後までゴールを割ることができず。試合は1-0で名古屋が勝利し、名古屋は3連敗をストップした。

 

ぜひ広告もタップして、購入してくれたらブログを書く励みになります!!

スポンサー広告⬇︎

 

川崎フロンターレvsビッセル神戸

明治安田生命J1リーグ第30節が20日に行われ、首位の川崎フロンターレヴィッセル神戸が対戦した。

 

試合は開始早々に13分、シュートを放った登里享平ペナルティエリア内で倒され、川崎がPKを獲得。これを小林が確実に決め、先制に成功する。しかし、リードは長くは続かない。

その2分後、イニエスタがエリア内に浮き球を送ると、ポドルスキが頭で折り返す。これを川崎DFがクリアするが、奈良竜樹の背中に直撃し、ゴールへと転がり込み1ー1と試合を振り出しに戻る。

前半28分にはイニエスタからポドルスキへとつなぎ、鋭いパスを送ると、受けたのは古橋、振り返りざまに右足でのミドルを沈め、神戸が2点目を奪い、1ー2と神戸が逆転する。

前半35分、神戸が今度はロングカウンターを炸裂。低い位置から速い攻撃でポドルスキが左サイドを突破。逆サイドへと展開すると、最後は三田啓貴が見事なシュートを突き刺す。神戸が価値ある追加点を挙げ1ー3とリードする。

前半43分、川崎のスローインから大島が右サイドを深い位置を突破。優しいボールを中央へと送り込むと、家長がワンタッチで流し込み、2-3で前半終了した。

 

後半20分、川崎の斎藤が左サイドを突破すると、そのまま左足を振り抜く。これがファーに突き刺さる。斎藤の今季初ゴールで川崎は3ー3と同点とした。

さらに69分、川崎が華麗な連携から最後は大島が流し込み3ー4、ついに川崎がリードを奪う。勢いの止まらない川崎はエウシーニョが右サイドを突破し、最後は左足で決めてリードを2点に広げる。試合はこのまま終了し、5-3で川崎が神戸を下した。

 

ぜひ広告もタップして、購入してくれたらブログを書く励みになります!!

スポンサー広告⬇︎

 

サッカー日本代表vsウルグアイ

キリンチャレンジカップが16日、埼玉スタジアムで行われ、日本(国際サッカー連盟ランキング54位)はワールドカップ(W杯)ロシア大会8強のウルグアイ(同ランキング5位)の試合が行われた。

 

日本代表スタメン 4ー2ー3ー1

GK東口

DF酒井 三浦 吉田 長友

MF遠藤 柴崎 堂安 南野 中島

FW大迫

 

前半10分、日本の中島からのパスに反応した南野のゴールで先制するが、前半28分にウルグアイペレイロにゴールされ同点にします。その後も前半36分には日本の大迫がゴールと勝ち越し、前半を2ー1と日本がリードして後半に挑みます。

 

後半12分にはウルグアイカバーニのゴールでまた、同点にされ、後半14分にまた日本が勝ち越します。後半の21分にも、日本の南野のゴールで4ー2とし、流れに乗れそうでしたが、後半30分に、ウルグアイに3点目を決められ、そのまま試合終了し、日本がウルグアイを相手に4ー3と一点差で勝った。

 

ぜひ広告もタップして、購入してくれたらブログを書く励みになります!!

スポンサー広告⬇︎

サッカー日本代表中島 移籍!?

セビージャが、ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉の獲得に動く可能性が出ているようだ。

 

中島に関してはシャフタールやフランクフルト、マジョルカらとともにセビージャからの関心が伝えられてきた。中島を“日本の宝石”と称するメディアの報道によれば、セビージャは昨季から中島のパフォーマンスを注視した。セビージャのスタイルに適応すると見込まれたようで、具体的なオファーを提示する可能性が伝えられているようだ。

 

昨季にリーグ29試合で10ゴール12アシストを記録した中島の契約解除金は既に4000万ユーロ(約52億円)に再設定されたとみられている。

今季もここまで、リーグ7試合で4ゴール3アシストと結果を残している。

 

セビージャは今季、リーガ・エスパニョーラの8試合で勝ち点16を積み重ねて首位を維持していて、中島の今後のプレーに期待が高まりそうですね。

 

ぜひ広告もタップして、購入してくれたらブログを書く励みになります!!

スポンサー広告⬇︎

エデン・アザール 移籍なるか!?

チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)が、今冬に移籍することはないと断言した。スペイン『アス』が伝えている。

 

アザールの移籍先最有力とされるのは、レアル・マドリーだ。マドリーは今夏での獲得に失敗したが、来夏もオファーを出すとみられていて、アザール自身も「レアル・マドリーに行くのは小さい頃からの夢だった」と公言するなど相思相愛。移籍成立は時間の問題とみられている。

 

アザールレアルマドリードに入団したらレアルファンにもアザールのファンにも嬉しいニュースですね!

 

ぜひ広告もタップして、購入してくれたらブログを書く励みになります!!

 

スポンサー広告⬇︎

サッカー 日本代表vsパナマ代表 結果

日本代表 スタメン 4ー4ー2

GK 権田

DF 室屋 冨安 槙野 佐々木

MF 伊藤 三竿 青山 原口

FW 大迫 南野

 

キリンチャレンジ杯、森保一監督率いる日本代表(54位)がパナマ代表(70位)と対戦。

 

日本は前半から前線からプレスをかけボールを保持するも、組み立てがうまくいかずゴールへ迫れない。14分、MF伊東が後方で味方が引っかけたボールに反応し快足を飛ばしたが、敵DFの守備に遭った。

 

リズムがつくれなかった日本だが23分に絶好機を迎える。敵陣中央付近でボールを受けたMF青山が右サイドDFの裏へ浮き球のスルーパスを出すとこれに後方から走りこんでいたDF室谷が追いつく。室谷は落ち着いてゴール前へ低いクロスを入れたがこれは味方に合わず。得点にはならなかったがひとついい形をつくった。

このまま両者無得点で前半を終えるかと思われた42分、日本が試合を動かす。青山が敵陣中央付近で相手のパスをインターセプトするとペナルティーエリア前で待つMF南野へパス。南野はDFを背負いながら強引に前を向くと左足でゴールへ蹴りこんだ。日本は1点のリードを奪い1ー0と前半を終える。

 

後半、日本は2分にMF三竿、4分にFW大迫が立て続けにシュートを放ち、前半の流れを切らさずにパナマを攻め立てる。大迫がポストプレーなどでたびたび起点になり追加点を期待させた。

 

11分にはパナマに左サイドを突破され辛くもピンチを逃れた日本だったが、20分に追加点を奪う。敵陣中央やや左からMF原口が突破を仕掛ける。これはコントロールミスでうまくいかなかったが、離れたボールへ必死に足を伸ばしペナルティーエリア前で待つ伊東へパス。伊東はこれをダイレクトでペナルティーエリア左へ走りこんだ南野へはたくとGKと1対1になった南野がシュート。これはGKに阻まれたが、ゴール前へ詰めていた伊東が蹴りこみ追加点を奪って2ー0とする。

 

40分、敵陣中央から原口がドリブルでペナルティーエリア手前へ運ぶと左前方でフリーで待っていた川又へパス。川又は後方からDFに寄せられ、混戦の中、必死にボールを蹴りだすと力なく転がったボールはゴールマウスへ吸い込まれた。(公式記録はオウンゴール)試合はこのまま終了。日本が3-0で快勝した。

これからの日本代表にも注目が集まりそうですね。

 

ぜひ広告もタップして、購入してくれたらブログを書く励みになります!!

スポンサー広告⬇︎